<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> コストを考える

スポンサーリンク


注文住宅のコスト

建物の構造や耐久性などとても大事なポイントですが、平屋建ての建物は、基礎工事と屋根工事の比率が極端に上がってきます。

建物の価格は、木材や建材、サッシ、住宅設備などの材料費@とそれらを加工したり、組み立てて取り付ける人件費Aと、工事を円滑に進めていくための管理費、交通費、電話代などの諸経費Bで構成されます。

工務店と大手住宅メーカーとはそれらの割合がかなり違います。工務店の場合、40:40:20の割合でしょうか?

大手住宅メーカーになると、35:35:30程度になります。経費の割合が大きくなるのは、広告費やメンテナンスの充実がその理由です。

大手住宅メーカーは、「坪単価は高いけどアフターメンテナンスがしっかりしているから安心」と思っておられる方は多いはずです。

材料を安くすればコストは下がります。既製品を使えば人件費が下がることもあります。諸経費は、それらが下がればおのずと下がってきます。

予算オーバーでコストダウンをしないといけなくなることはよくあることです。こだわりはあるかもしれませんが、譲れるところは譲っていかないとなかなか下がりません。


スポンサーリンク

TOPへ