<$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> <$ AllStrReplace(

(.*?)

,

$1

) $> 平屋建てのデメリット

スポンサーリンク


土地が広く必要になる

 建物の面積は、建てる敷地の広さに対して地域ごとに上限が決められています。平屋建ての場合、建ぺい率という点で不利になります。
建ぺい率とは、水平投影面積といって、単純に言うと上から見た建物の面積です。2階建ての場合、1階と重なる部分は計算されないわけです。

例をあげれば、建ぺい率が50%という地域の場合、建築面積30坪の建物を建てる時には60坪の敷地面積が必要になります。カーポートや物置も建築面積に算入されますので、要注意です。

敷地が角地の場合、建ぺい率は10%緩和されます。

スポンサーリンク

TOPへ