スポンサーリンク

 

平屋建ての間取りは、階段がないので楽そうに思えますが、案外と難しいものです。

 

すべての部屋をワンフロアに配置することで、部屋と部屋との人の動き(動線)が気になります。

 

プライベートを考えるとホールや廊下の面積が多くなってしまうし、廊下を少なくすると、家具などの配置が難しくなります。

 

LRを動線の要にして、寝室や和室、子ども室などを周囲に配置する間取りはよく見られます。

 

理由は、コンパクトでスペースが少なくてすむという利点があると考えます。

 

 

 

下図のような回廊式の動線は、スペースを多く必要としますが、使い勝手はなかなかいいです。

 

 

平屋建てプラン例

 

平屋建ての動線を考える

 

平屋建ては2階建てに比べて全体の面積を小さくできます。

 

階段や2階部分の廊下は必要なくなります。

 

さらに、2階建てだとトイレを配置することもありますが、平屋建てにすると省くことも考えられます。

 

ただ、平屋建てでプライベートを優先すると、廊下を多く必要としたりします。

 

 

平屋建てでは、居間を共有部分として、そこから各部屋に出入りできる動線にする間取りが多く見られます。

 

玄関ホールから客間や寝室に出入りする間取りもあります。

 

以前は、応接室や和室を客間として独立させていましたが、最近は居間を応接室と共用するケースも多くなりました。

 

家事の動線も間取りを考える際の大事な要素です。 洗濯や台所での家事の動線は、毎日のことですからできるだけ短くしたいものです。

 

高齢になってくると寝室からトイレの動線も考慮する必要があります。

 

場合によっては、寝室用のトイレを設置しておくこともいいのかもしれません。

 

 

プライベートを考えると、動線を短くすることは相反することが多いですが、みんなの動きがわかる居間を中心にした生活が家族の絆も強くなるような気がします。

スポンサーリンク

TOPへ