スポンサーリンク

 

平屋建ては楽ちん

 

新築して最初の作業が引っ越しです。平屋建ての建物は、階段を使っての荷物の上げ下ろしがないのでとても楽です。

 

特に、エレベーターのないアパートの上階に住んでいた方などは強く感じることと思います。

 

 

平屋建ては安全

 

階段がないということは、ほかにも大きなメリットがあります。

 

平屋建ての住宅は、2階建てに比べてけがが極端に少ないのです。階段での転倒事故は思いのほか多く報告されており、死亡例もあります。

 

特に乳幼児のおられる家庭では、階段の存在は気になるところです。高齢になってくると階段の昇り降りは苦痛になることさえあります。

 

手に物を持って手すりが使えず、足もとがわかりにくく階段を踏みはずすことは若い人にだってあります。

 

階段でつまづいた経験のある方は多いと思います。

 

最近は床の段差も極力抑えたバリアフリーがメインです。

 

和室や浴室との高低差、ドアの敷居などつまづかないように施工できますので、建物内での事故は減少しています。

 

浴槽での事故は、入浴後にお湯を抜くことで改善できるでしょう。火災の防火用水や洗濯用に、と思われる方は別な形での」工夫が必要です。

 

滅多にないことですが、火災や非常時の避難に関しても、平屋建ての方がはるかに有利です。

 

平屋建ては上階の騒音がない

 

2階建てやアパートなどに住んだ経験がある方は、上の階の物音が気になったことがあると思います。

 

平屋建てはそんな心配はありません。

 

平屋建ては強い

 

平屋建ての地震や台風に対する構造計算をする際に算出する面積は、2階建てよりもかなり少ないです。

 

つまり、地震や風に強いということです。

 

平屋建ての隠れたメリット

 

 

 

2階建て住宅の階段のスペースは、1階、2階それぞれ床面積に算入されます。

 

 

 

面積としては2坪程度、4帖ほどの広さです。2階建てでは階段につながる廊下なども必要になりますので、その面積も平屋建てでは不要になります。

 

 

 

2階建ての30坪の住宅に比べて、平屋建てでは28坪以下で同じ部屋ができるということになります。階段そのものもありませんので、コスト的に有利になります。

スポンサーリンク

TOPへ