スポンサーリンク


平屋建てのメリット・デメリット記事一覧

平屋建ては楽ちん新築して最初の作業が引っ越しです。平屋建ての建物は、階段を使っての荷物の上げ下ろしがないのでとても楽です。特に、エレベーターのないアパートの上階に住んでいた方などは強く感じることと思います。

土地が広く必要になる 建物の面積は、建てる敷地の広さに対して地域ごとに上限が決められています。平屋建ての場合、建ぺい率という点で不利になります。建ぺい率とは、水平投影面積といって、単純に言うと上から見た建物の面積です。2階建ての場合、1階と重なる部分は計算されないわけです。例をあげれば、建ぺい率が50%という地域の場合、建築面積30坪の建物を建てる時には60坪の敷地面積が必要になります。カーポート...

その1 平屋建ては生活が楽である平屋建てが2階建てと大きく違うところは、階段があるかないかです。もっとも、最近スキップフロアなど、平屋の建物でも一部に階段を設けることもありますが…2階に寝室がある家は、一日のうち数回は階段を使用することになります。歳をとってくると、階段の昇り降りがつらくなってきます。 生活のほとんどがだんだん1階だけになってきます。1階の和室を寝室にしたりして、2階部分が物置状態...

スポンサーリンク

TOPへ