スポンサーリンク

平屋建て住宅の住みごごち





若い人でも、2階建てを新築して子供が小さい頃は、1階だけで生活する人がいます。

階段での子供のケガに気を配っているのです。

最初から平屋建てを造ればいいのに、とか思いますが、敷地の広さや駐車場の確保、周辺の建物との関連など、2階建てにせざるを得ない事情があったりします。

土地の広さなど制約がないとすれば、平屋建てをおすすめします。



平屋建て住宅は住んでみて良さがわかります。

各ハウスメーカーも平屋建ての良さをそれぞれのスタンスでアピールしています。

住宅展示場ではなかなか見ることのできない平屋建ての住宅をこのサイトでご覧ください。


平屋建て住宅の住みごごち記事一覧

2階建ての建物は、子供たちが巣立ちして2人暮らしになると、2階部分をほとんど使わなくなる傾向があります。階段の昇り降りのつらさもありますが、寝るにしても洗濯物を干すにしても1階部分だけで事足りるようになるからということもあります。間取りを考えるときに、土地の広さや縦横の長さなどは最低必要条件です。まず、土地の資料(面積や方角、道路との関係、隣地との高低差、上下水道の引き込み場所など)を準備します。...

階段の昇り降りが苦にならない世代の方には、平屋建てよりも2階建てのほうが好まれるようです。歳を重ねるにつれて、階段の昇り降りはきつくなってきます。家を造った時には子供も小さくて寝室を2階に持ってきていたのに、今では1階でのみ生活して2階は物置と化している家は多くあります。ただ、子供たちが結婚して孫たちと遊びに来るときには2階が生きてきます。1年のうちに何度あるかわからないことでも、それが楽しみで2...

住宅の価格住宅の価格は、構造、仕上げ、外観、設備機器などによって大きく変わってきます。一般的な木造の他に、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などがあります。木造が価格的には安くできます。鉄筋コンクリート造や鉄骨造は、3〜4割ほど高くなります。構造計算なども伴って、建築費以外での経費(設計料など)もコストがかかってくることがあります。他にもブロック造とか、前述の構造をを組み合わせたものがあります。

東日本大震災や関東地方の竜巻、西日本の豪雨災害など自然にどのように対応していくかはとても大事なことです。災害に強い建物とはどういうものでしょうか?それは、立地条件と建物の構造がとても大きな要因になります。

スポンサーリンク

TOPへ